仮想PCを使いこなす

Waffle Cell内にインストールされている仮想PCのWindows(=Waffle Cell内のWindows)を起動する手順は下記の通りです。

 

1.仮想デスクトップ画面を開く。
2.仮想デスクトップでVirtualBox起動。
3. VirtualBoxでWindows起動。

 

ブラウザから接続

概要

(1)お手元のローカルPCのブラウザから仮想デスクトップに接続する
(2)仮想デスクトップからWaffle Cell内のWindowsを起動する(ヘッドレスモードでの起動)

 

詳細な手順

(1)Waffle Cellと同じLAN内にあるローカルPCのブラウザからWaffle Cellのトップページにアクセス。ブラウザのアドレスバーに下記を入力。

 

https:// L.<ホスト名>.wafflecell.com
【例】https:// L.example.wafflecell.com

 

(2)「仮想デスクトップ」起動。

 

(3)別紙「Waffle Cell 仕様書」に記載されている「Waffle Cellユーザ名」クリック → 接続画面開く。

 

(4)接続画面で、別紙「Waffle Cell 仕様書」に記載されている「パスワード」を入力。

 

(5)接続に成功するとブラウザには「パソコン」のような画面(=仮想デスクトップ)が表示されるので、

(Ⅰ)Oracle VM VirtualBoxのアイコンをダブルクリック。

(Ⅱ)以下のプログラムが起動するので、「ヘッドレス」を選択して、「Waffle Cell内のWindows」を起動。

 

「Waffle Cell内のWindows」が起動したら、ローカルPCのブラウザは閉じても構いません。

「Waffle Cell内のWindows」はローカルPC(あるいはWaffleCellにVPN接続されたPC)からリモートデスクトップ接続で操作します。

 

Windowsをリモートデスクトップ接続で操作

前章までの操作でWaffle Cell内のWindowsの起動ができました。起動しただけでは使用できません。Waffle Cell内のWindowsを起動したら、ローカルPC(Waffle Cellと同じルーターに接続されているPC)で画面表示して操作をします。

 

1:ローカルPCから、Waffle Cell内のWindowsを操作する


「Waffle Cell内のWindows」を同じLAN内にあるローカルPCから操作することができます。(LAN外から接続する場合はVPN接続が必要です)

 

手順
(1)お手元のローカルPCがWindows10の場合は
『スタートボタン → Windowsアクセサリー → リモートデスクトップ接続』クリック。

(2)枠に示した「コンピュータ」の部分に下記入力。

L.<ホスト名>.wafflecell.com:<番号>
【例】L.example. wafflecell.com:3391

(3)「接続」をクリックすると、「Waffle Cell内のWindows」画面が表示される。

「Waffle Cell内のWindows」は普通のWindowsと全く変わりません。キーボードもマウスも普通に使えます。

※画面が遅い場合は上記画面の下の「オプション(または、オプションの表示)」をクリックし、[画面]タブで画面の色数を16ビットに減らすと描画速度が改善されます。

 

2:Windowsの終了


「Waffle Cell内のWindows」を一旦終了してしまうと、再度「Waffle Cell内のWindows」を起動する場合、仮想デスクトップから、Oracle VM VirtualBoxのアイコンをダブルクリックして起動しなおす必要があります。

「Waffle Cell内のWindows」は「シャットダウン」せず、
通常はスタートボタン → ログオフすることをお勧めします。

 

CD/DVDからアプリケーションソフトをインストール

仮想PCにインストールしたWindowsに、MS-Office等のアプリケーションソフトをインストールすることが可能です。

 

ローカルPC
仮想デスクトップ
仮想PC と3つ出てきます。ご注意ください。

 

手順

(1)DVDをお手元のローカルPCに挿入。

 

(2)ローカルPCでWindowsキー+Eでエクスプローラ起動。Waffle Cell内の自分の領域にDVDの内容を丸ごとコピー。

 

(3)今度は仮想PCの画面に移り、仮想PCの中でキーボードのWindowsキー+Eを押し、エクスプローラ起動。

 

(4)仮想PCのエクスプローラで、2.でコピーした Waffle Cellの自分の領域にあるDVDのインストールプログラム起動。(MS-Officeであれば setup.exeを実行)

 

(5)画面の指示に従い、通常のソフトのインストールと同じようにインストール作業を実行。

サイト内検索