仮想デスクトップと仮想PCの違い

●仮想PCの作り方

仮想PCとは、Waffle Cell上に作成する仮想のPC(一般的にはWindows)です。
仮想デスクトップ上でWindowsソフトを使いたい場合は、仮想PCをお使いください。

 

ここの説明ではWindowsの仮想PCを作る事を念頭にして説明します。

仮想PCは下記の手順で作成します。
(1)Waffle Cell上に仮想デスクトップを作る
(2)仮想デスクトップにバーチャルボックスをインストールする
(3)バーチャルボックスにWindowsをインストール(=仮想PCの出来上がり)
(4)作成した仮想PCを使えるようにする

 

バーチャルボックスを直訳すると「仮想の箱」です。パソコンの中に仮想的な箱(=パソコン)を作成します。そこにWindows等をインストールすることができます。

 

【ポイント】
仮想デスクトップの中に仮想PCがある。
仮想PCとは「仮想デスクトップ上のバーチャルボックス内で動くWindows」である。

※Windowsプレインストール版を購入したお客様は「仮想PCを作る」必要はありません。従いまして、下記1: 2:の作業をする必要はありません。
ここでは、仮想デスクトップと仮想PCの違いをご理解ください。

 

1:Waffle Cell上に仮想デスクトップを作る

仮想デスクトップは一人の一般ユーザーに対して、一つしか作れません。Windowsをインストールする以外に仮想デスクトップを使う(使っている)場合は、例えば「Win8」等の名前でWaffle Cellユーザー(一般ユーザー)を作成し、そのユーザーの仮想デスクトップにWindowsをインストールする事をお勧めします。

※Windowsプレインストール版ではお客様は下記の作業をする必要はありません。

 

【作業内容】

仮想デスクトップのサービスを追加。

Windowsインストール用の仮想デスクトップを作成。

仮想デスクトップのサービス追加方法等の具体的な方法はこちらをご覧下さい。

 

2:仮想デスクトップ上にバーチャルボックスを作り、Windowsをインストールする

仮想デスクトップを作成したら、仮想デスクトップ上にバーチャルボックスを組み込み、そこにWindowsをインストールします。

※Windowsプレインストール版ではお客様は下記の作業をする必要はありません。

 

【作業内容】

仮想デスクトップにバーチャルボックスを設定。

設定したバーチャルボックスにWindowsをインストール。

バーチャルボックスの組み込み、Windowsのインストールの具体的な方法はこちらをご覧下さい。(工事中)

 

ここまでの作業で、仮想PCが完成します。

 

3:作成したWindowsに外部のPCからアクセスして操作する

仮想PCを外部のPCからアクセスして操作します。WindowsPC、Mac、iPad、iPhone、androidOSのタブレットやスマートフォン等から操作可能です。

 

【作業内容】
お使いのPCやタブレット等からのアクセス方法の設定
ソフトをインストールするのであれば、CD(DVD)からソフトを組み込めるようにする

具体的な作業方法はこちらをご覧下さい。

 

【参考】仮想デスクトップと仮想PCの比較

仮想デスクトップと仮想PCが混乱しやすいので、両者の違いをまとめました。

 

【インストール先】
仮想デスクトップ → Waffle Cellの中
仮想PC(Windows)
→ Waffle Cellの中の、仮想デスクトップの中の、バーチャルボックスの中

 

【メモリ
仮想デスクトップ → 仮想PCよりは消費が少ない
仮想PC(Windows) → ユーザー数が増えると消費量が大きくなる

 

【ソフトウェアのインストール】
仮想デスクトップ
→ 予め用意されているソフトウェアのみインストール可能。それ以外は追加インストールできない。
仮想PC(Windows) → WordやExcel等Windowsソフトをインストール可能

サイト内検索