AIPO

会社内でのタスクとスケジュールの共有化は大変に重要、それを手助けするのがグループウェアです。 Aipoは高機能なオープンソースのグループウェアです。

 

主な機能一覧
(1)アドレス帳
(2)スケジュール
(3)タイムカード
(4)タイムライン ブログ
(5)メモ帳
(6)ユーザー名簿
(7)ワークフロー
(8)伝言メモブログ
(9)ユーザー名簿
(10)ワークフロー
(11)伝言メモ

 

【インストール・初期設定(管理者のみ)】
AipoをWaffle Cellにインストールするには下記の手順で操作してください。
(1)管理TOPで、管理者ユーザー名・管理者パスワードでログイン。
(2)「サービス追加」、一覧から「Aipo」をクリック。
(3)Aipo用の管理者ユーザー名・管理者パスワードを設定。
(4)Aipoログイン。システム管理タブ – 基本情報 – Aipoサイト(社内)
の初期値が数字になっています。
http://192.168.(以下省略) これだと分りにくいので
L.<ホスト名>.wafflecell.com  と変更します。

 

【ユーザー追加(管理者のみ)】
システム管理タブ – ユーザー管理 – ユーザー追加
でAipoを利用する人のユーザー登録をします。

 

使い方
●ログイン
お手元のローカルPCのブラウザのアドレスバーに
L.<ホスト名>.wafflecell.com
と入力し、一覧から「Aipo」をクリックします。

管理者から割り当てられた「一般ユーザー名」「一般パスワード」を入力します。

 

●マイページタグ
マイページタグをクリックすると機能が表示されます。
各機能のタイトルをドラッグアンドドロップして、表示位置を動かすことができます。

 

※Webメール注意点
AipoのWebメールを使うには予め「Postfix」をインストールしておく必要があります。
AipoでWebメールを使わないのであれば、「Postfix」は必要ありません。

使い始めるときに初期設定をします。

マイページタグの設定(歯車のアイコン)をクリック。
Webメールを有効にした後、各項目を次の通り入力してください。

 

メールアカウント名 → <一般ユーザー名>
送信メールサーバ名(smtp) → localhost
受信メールサーバ名(pop3) → localhost
受信用ユーザーID  → <一般ユーザー名>
受信用ユーザーパスワード →  <一般パスワード>
名前  → あなたのお名前
メールアドレス →  <一般ユーザー名>@<ホスト名>.wafflecell.com(例:suzuki@example.wafflecell.com)
送信ポート番号(smtp)  → 25
受信ポート番号(pop3)  → 110
送信時の認証方式  → 認証なし
送信時の暗号化方式  → 暗号化なし
受信時の暗号化方式  → 暗号化なし
受信後、サーバからメールを削除する → 削除する
受信済メッセージは取り込まない → 有効

 

多くの機能がありますので、色々とWEB検索してみてください。

 

 

メールアカウント名 <一般ユーザー名>
送信メールサーバ名(smtp)
localhost
受信メールサーバ名(pop3) localhost
受信用ユーザーID <一般ユーザー名>
名前 あなたのお名前
 メールアドレス <一般ユーザー名>@<ホスト名>.wafflecell.com

(例:suzuki@example.wafflecell.com)

送信ポート番号(smtp) 25
受信ポート番号(pop3) 110
送信時の認証方式 認証なし
送信時の暗号化方式 暗号化なし
受信時の暗号化方式 暗号化なし
受信後、サーバからメールを削除する 削除する
受信済メッセージは取り込まない 有効