仮想デスクトップ

ソフト的に仮想のデスクトップ画面を作り、その中でLibre Officeその他のソフトを動かすことができます。

仮想デスクトップを使うには事前に下記操作を行う必要があります。
(1)「一般ユーザー名」を設定しておく。
(2)「一般ユーザー名」を仮想デスクトップで使えるよう有効化する。

手順:
管理者TOP ログイン
ユーザー設定 → 仮想デスクトップ → チェックを付ける

 

【仮想デスクトップの起動】
(1)Waffle Cellトップ画面で「仮想デスクトップ」クリック。
(2)一般ユーザー名クリック。

connectをクリック → 「一般パスワード」入力。

仮想デスクトップの画面が開きます。

 

【仮想デスクトップ内のソフトウェア起動】
仮想デスクトップの画面左上[アプリケーション]メニューから登録されているソフトウェアを起動して使うことができます。

 

【アプリのインストール】

仮想デスクトップにLibre Office等のアプリをインストールすることができます。

手順:

管理者TOP ログイン
高度な設定 → サービス追加削除(仮想デスクトップ)

上記メニューに登録されているアプリのみインストールできます。Windowsではフリーソフトを気軽にインストールできますが、仮想デスクトップではできません。

 

【日本語入力】
仮想デスクトップ画面では、Ctrl+スペースキーでかな漢字変換オン、オフが可能です。

 

【仮想デスクトップの終了】
基本的に仮想デスクトップそのものは終了する必要はありません。
仮想デスクトップを開いているウィンドウを閉じるには下記の操作を行います。

ブラウザで使っている場合 → タブを閉じる。

ブラウザを閉じても仮想デスクトップ自体は終了せず、バックグラウンドでそのまま動作しています。再度ブラウザで開けば同じ状態から起動します。

 

【動作が不安定の場合】
仮想デスクトップがなぜか遅いなど不安定な場合、仮想デスクトップを再起動してください。仮想デスクトップログイン画面で、一般パスワード入力 → [再起動]クリックします。
ユーザーA、ユーザーBが仮想デスクトップを使っている状況で、ユーザーAが仮想デスクトップを再起動した場合、ユーザーBが編集中のファイルを失うなど、他のユーザーに影響を与えることはありません。