鎌倉報告

円覚寺を出た後「明月院」に向かっていくとお土産小物を打っている何軒かの店や小さな画廊、しゃれた喫茶店、レストランがあります。

このあたりのレストランは隠家的な雰囲気があり「デートコース」には最適です。最近の若い人たちは、ゆっくり鎌倉でデートをする余裕がないのか、ひたすら原宿、渋谷に集中しているキライが見受けられるが、もし僕が高校生に戻ったら」「鎌倉隠密デート」を候補として考えるだろう。

明月院は、別名「紫陽花(アジサイ)寺として有名だ。

紫陽花の時期の明月院は、それこそ「芋洗い状態」になる。以前鎌倉ハイキングのついでに見に行ったことがあるが身動きができなかった記憶がある。

昨日の明月院は、、そこまで混雑していなかったのでゆっくり堪能することができた。何といっても明月院の本堂わきの部屋の丸窓は見事な造りになっている。参拝客たちが、手前の庭側から部屋の向こう側の壁に開いている丸窓から見える景色に感動する趣向になっている。

また、明月院という名前から、院内のあちこちにウサギの置物が配置されており、参拝客たちを楽しませてくれている。(置物だけでなく本物のウサギも飼育されているということにも驚かされた)

 

お寺も参拝客を呼ぶために、いろいろ差別化を考えているということが、よくわかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です