鎌倉報告

昨日の鎌倉は天気に恵まれどこへ行ってもものすごい人だった。

普段から多くの観光客でにぎわっていますが、花見客が重なって半端ない賑わいでした。

はじめ北鎌倉から駅前の「円覚寺」にいった。

今まで一回も寺の中に入ったことが無かったが、今回は300円の入場料を払って時間をかけて見てみた。

円覚寺は、臨済宗の寺で「禅」で有名な寺だ。

なるほど道場のような、禅をする社屋もあったり、禅の講習会、後援会の張り紙も掲示板に貼られていた。

面白かったのは領内の建てられていた「小さい古寺」が弓道場に改築されていたことだ。細長い庭の端に的の砂場が設けられており、これから試射をする人が砂に水を撒いていた。

お寺の中に「弓道場があるのは珍しいですね?」と声を掛けたら、愛想よく道場内に招き入れてくれた。

色々話を聞いたところ座って「禅修行」をすることと同じ意味で「弓道は立ってする禅だ」と教えてくれた。

屁理屈のように聞こえなくもないが、何代もまえから「禅」修行として認められているそうだ。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です