仮想デスクトップの再起動

仮想デスクトップの動作がなぜかおかしい。昨日まではうまく動いていたのに、今日はなぜかうまく行かないという場合があります。WindowsPCの動作がおかしい時Windowsの再起動をしますが、それと同じように仮想デスクトップを再起動するとうまく行く場合があります。

仮想デスクトップはWaffle Cellユーザー毎に再起動できます。

再起動の手順

  1. Waffle Cellと同じLAN内にあるPCのブラウザのアドレスバーに下記のように入力。
    https://<ホスト名>.wafflecell.com/
    例 https://example.wafflecell.com/

    ※ブリッジモードの場合はホスト名の前に l.(エルドット) を付け
    https://l.<ホスト名>.wafflecell.com/
    例 https://l.example.wafflecell.com

  2. 「アプリ画面」が表示されるので「仮想デスクトップ」をクリック。
  3. 表示される画面(この画面は仮想デスクトップにログインする時に使う画面と同じもの)で、Waffle Cellパスワードを入力し「再起動」クリック。
  4. 再起動されると「稼働中」の表記が「起動待」になる
  5. 5分程度で再起動が終了する(ブラウザをリロードすれば確かめられます)

これで、仮想デスクトップが再起動されます。

カテゴリー: 仮想 | 投稿日: | 投稿者:

仮想PCでファイルサーバーに繋がらない

仮想PC(VirtualBox)のWindowsからWaffle Cellファイルサーバー(NAS機能)に接続できない場合は、まずは接続先の入力を確認します。

¥¥<ホスト名>.wafflecell.com¥
(例 ¥¥example.wafflecell.com¥)

※ブリッジモードの場合はホスト名の前に l.(エルドット) を付け
¥¥l.<ホスト名>.wafflecell.com¥
(例 ¥¥l.example.wafflecell.com¥)

 

スペルミスがない場合は、ブラウザを起動してもインターネットに接続できるかどうかをチェックします(Yahoo等のページが開くかどうか)。もし開かない場合は、原因はネットに接続できていない事です。

その場合は次のように対処します。

仮想PCのWindowsを終了し、仮想デスクトップの画面でVirtualBoxの画面を開きます。

設定 → ネットワーク で表示される画面で、「高度」の表記をクリックします。「ケーブル接続」の項目が表示されますので、ここにチェックが入っているかご確認ください。このチェックが入っていないと仮想PCからインターネットに接続できません。

 

上記で解決しない場合は「名前」欄を変更してください。上図であれば、
eth0 → eth1 に変更してみてください。

 

 

カテゴリー: 仮想 | 投稿日: | 投稿者:

仮想PCが起動しない

仮想PC(VirtualBox)のWindowsが動かない場合、VirtualBoxマネージャーの設定を変更してみてください。

    1. VirtualBox画面上部の「設定」をクリック(VirtualBoxが起動していない場合は、仮想デスクトップ画面左上[アプリケーション] → システムツール → Oracle VM VirtualBoxをクリック)。
    2. [システム]タブの中の [マザーボード]タブで、拡張機能 I/O APICを有効化のチェックを入れる。
    3. [システム]タブの中の [プロセッサー]タブで拡張機能 PAE/NXを有効化のチェックを入れる。
    4. [システム]タブの中の [アクセラレーション]タブで、仮想化支援機能の VT-x/AMD-Vを有効化
      ネステッドページングを有効化 の二つにチェックを入れる。
    5. OKをクリックして設定画面終了。Windowsを起動してみる。

※Windowsがプレインストールされていない機種(お客様自身でWindowsをインストールした場合)において、動作を保証するものではありません。

カテゴリー: 仮想 | 投稿日: | 投稿者:

Chromebookで作成したファイルをWaffle Cellに保存

Chromebookで文書作成して保存しようとすると、保存先としてGoogleドライブ、ダウンロード(ローカル領域)はありますが、Waffle Cellのファイルサーバーはありません。

下記サイトに従って、「File System for Windows」をChromebookにインストールするといいでしょう。

ChromebookをWindowsファイル共有サーバーに接続する方法

「File System for Windows」をインストールしたら各項目を下記の通り入力するといいでしょう。

  1.  サーバーのIPアドレス →
    <ホスト名>.wafflecell.com
     例 example.wafflecell.com

    ※ブリッジモードの場合はホスト名の前に l.(エルドット) を付け
    l.<ホスト名>.wafflecell.com
     例 l.example.wafflecell.com
  2. アクセスするユーザー名 → Waffle Cellユーザー名
  3. ユーザーのパスワード → Waffle Cellパスワード
  4. サーバーの端末名 → Waffle Cellユーザー名

上記インストール後、
Chromebook付属のテキストエディタで文書入力 → 保存をクリックすると、それまで出なかった
 <ホスト名>.wafflecell.com
がサイドメニューに表示され、テキストファイルをWaffle Cellのファイルサーバーに保存することができるようになります。

 

Chromebookで仮想デスクトップ接続

Chromebookで仮想デスクトップに接続する方法は2つあります。最初は【 1 】Chromebookのブラウザから仮想デスクトップにログインし、慣れてきたら【 2 】VNC Viewerでログインするといいでしょう。

【 1 】Chromebookのブラウザでアドレスバーに下記入力。

https://<ホスト名>.wafflecell.com/

※ブリッジモードの場合はホスト名の前に l.(エルドット) を付け
https://l.<ホスト名>.wafflecell.com/

アプリ画面から仮想デスクトップログイン。

 

【 2 】VNC Viewer

  1. いつものchromeウェブストアで、VNC Viewer for Google Chromeをインストール。
  2. Chromebookのキーボード左端の虫めがねのようなキーを押下。 アプリ一覧からVNC Viewer for Google Chromeを選択。
  3. VNC Viewerのログイン画面。(長いので写真では途中で切れている) https://L.<ホスト名>.wafflecell.com:<VNC番号> 例:https://L.nishiyama.wafflecell.com:5901 VNC番号は、Waffle CellのTopページ → 仮想デスクトップで、一覧表示される。
  4. 「Unencrypted Connection」という警告が出たら「Connect」クリック。
  5. Chromebook用のVNC Viewerで、仮想デスクトップを表示できました!
カテゴリー: 仮想 | 投稿日: | 投稿者:

Waffle Cell+NAS、あるいはWaffle Cell2台を設置できるか

Q:本製品とNASを同じ事務所に導入できるか。

A:基本的には本製品と通常のNASを同じ事務所に置いても特に問題ありません。ただし、外部からアクセス可能なタイプのNASでは問題を起こす場合があります。その場合はNASを外部からアクセスしない設定にすることで解決できる場合があります。

 

 

サービス削除がうまく行かない場合

追加したサービス(Nextcloud等)を削除しようと思い、「サービス削除」を実行したが、削除されないような場合は、もう一度同じサービスを追加(上書き)してから削除する事で削除可能になる場合があります。

これはサービスを追加するプログラムが更新されているのが原因です。

下記手順をお試しください。また、一度削除してまっさらな状態から「サービス追加」をやり直したいという場合も下記4の後から行ってください。

  1. 管理Topページにログイン(こちらをご参照下さい)
  2. 画面上部の[高度な設定]をクリックし、「サービス追加削除(一般)」をクリック。
  3. 画面上部の[アップデート]をクリックし、「サービス一覧 アップデート」をクリックし、アップデートを実行。
  4. アップデートが終了したら、削除できないプログラムの「サービス追加」を実行(※)。 ※既に追加されているサービスは下部に「削除」と表示されますが、サービス名の部分をクリックすることで上書きでインストールが可能です。
  5. 削除できないプログラムの「サービス追加」が完了したら、同じプログラムの「サービス削除」を実行。

VPN接続を同時に複数ユーザーができるか

「VPN接続だけ」であれば10人以上でも同時に接続可能です。ファイルサーバーにアクセスして、ファイルのコピー削除等を行うことができます。

但し、複数のユーザーが例えば同時にファイルのコピーなどの作業を行えば、動作が遅くなる事があります。

カテゴリー: VPN | 投稿日: | 投稿者:

共有フォルダのファイルが「読み取り専用」となってしまう

ファイルサーバー上に保存されているファイルを開こうとしても読み取り専用になってしまう、あるいは変更した後保存できない、表示・印刷は問題なくできるというような場合は、ファイルのアクセス権限を確認して下さい。

仮想デスクトップ、Windowsのエクスプローラー(Windowsキー+E)で変更可能です。

仮想デスクトップで変更

(1)仮想デスクトップを開く(方法はこちらを参照)。
(2)画面左上、[場所] → 該当ファイル右クリック → プロパティ → [アクセス権]表示

ここで[アクセス]が全て「読み書き」になっているか確認します。「読込み専用」の場合はアクセス権を変更する必要があります。

ただし、アクセス権を変更できるのは所有者だけになります。 図例では「所有者」はjiroになっています。この場合は、アクセス権を変更できるのはユーザjiroになります。自分が所有者でない場合は「所有者」に「読み書き」に変更するよう依頼してください。

Windowsで変更

(1)エクスプローラー(Windowsキー+E)を起動し、該当ファイルのプロパティを表示。
(2)[セキュリティ]タブ everyoneのアクセス許可を「書き込み 可」に設定。

 

もし「読み書き 可」に設定したにも関わらず、設定が反映されない場合はWaffle Cellを再起動してください。再起動の仕方につきましてはこちらをご覧ください。

DELLのWindows10からVPN接続できない(エラー780)

他のデバイス(Windows10、タブレット等)からは問題なくVPN接続できるのに、DELLのWindows10からのみVPN接続できないという事例がありました。

特徴として
・有線LANからはVPN接続できる
・無線LANからはVPN接続できない
という現象が上がっています。またエラー番号は780が出ます。

その場合の対応策として、DELLのWindows10にインストールされている
SmartByte
をアンインストールしてください。

ビデオの視聴速度や品質を上げるソフトだそうです。お使いでなければ「設定」→「アプリ」を開いてSmartByte関連のアプリ2つをアンインストールしてください。

参考HP(taracohouse)

カテゴリー: VPN | 投稿日: | 投稿者: