接続できない – 内から繋がるが、外から繋がらない

Q:同じLAN内からWaffle Cellに繋がるが、外の回線からは繋がらない。
エラー789が出る場合もある。

A:下記の点確認してください。
※本製品を「ブリッジモード」でお使いの場合、本製品とは別に他社製ルーターを使っていると思います。本ページでは本製品以外のルーターを『他社製ルーター』と表記します。

【 1 】二重ルーターの確認
管理Topで「Waffle Cell管理者名」入力、ログイン → [高度な設定]各種情報 → 二重ルーターの設定が「正常」になっているか。

「正常」の場合は問題ありませんが、赤色で「二重ルーター」と表示されている場合は、本製品を「ブリッジモード」に設定してください。

【 2 】プロバイダーに下記の点を確認

  • お使いの回線がIPv4になっているか。
    IPv6では外から繋がりません。
  • グローバルIPアドレスが割り当てられているか。
    マンション全体で1つのグローバルIPアドレスが割り当てられ、各戸はローカルIPアドレスが割り当てられているような環境ではWaffle Cellは設置できません。

【 3 】再起動
(1)
ルーターモードでご利用の場合
こちらのページを元に本製品の再起動を行ってください。

(2)ブリッジモードでお使いの場合
本製品をこちらのページを元に終了(shutdown)し、
『他社製ルーター』の電源を抜き、
3秒待った後『他社製ルーター』の電源を挿し、
5分待って本製品の電源を入れて下さい。

【 4】Waffle Cellの設定
管理Topログイン → [セキュリティ]VPNのみ許可を「有効」
にすると、外からのアクセスができなくなります。このオプションは「無効」にしておいてください。

【 5 】UPnPが無効になっていないか(ブリッジモードでお使いの場合のみ)
本製品をブリッジモードで利用している場合は、何らかの原因によりUPnPの設定を無効にしてしまう場合があります。
「UPnPを有効」に設定後、『他社製ルーター』・本製品の再起動をします。

【 6 】DMZ設定(ブリッジモードでお使いの場合のみ)
本製品をブリッジモードで使用している場合、下記の操作で接続できることがあります。

  1. Waffle CellのDMZ設定を有効にし、
  2. 『他社製ルーター』Waffle CellのローカルIPを設定する

◆DMZ設定の手順
(1)Waffle Cellに接続しているPCでブラウザを開き、下記を入力。

https://L.<ホスト名>.wafflecell.com/ 
例 https://L.example.wafflecell.com/

 

(2)Waffle Cell管理Top画面で「Waffle Cell管理者名」を入力してログイン → [セキュリティ]DMZ設定 と進む。

(3)下記のような画面が表示されたら、
「有効」にチェックを付け、
ローカルIPアドレスが「n.n.n.n」という形で表示されるので、この数字をメモ書き。

(4)「使用中のルーター名 DMZ」でWEB検索し、お使いルーターのDMZ設定を行う。DMZ設定するときにメモ書きしたローカルIPアドレスを入力する。

これで外部から接続が可能になるはずです。

※本説明のポイント
・Waffle CellでDMZ設定をする。
・『他社製ルーター』でWaffle CellのローカルIPを設定する。
上記2つの設定を両方行ってください。どちらか1つだけでは目的の動作はしません。

【 7 】Windows10 Fall Creators UpdateにUpdateした後、VPN接続しようとすると633 Errorが出た場合【Ver1709】
こちらのサイトに従って、WAN Miniportを1つずつアンインストールしてください。
※既にWindows10のバージョン1709以上に上がっているので、該当する事例は少ないと思います。