Waffle Cell+NAS、あるいはWaffle Cell2台を設置できるか

Q1:Waffle CellとNASを同じ事務所に導入できるか。

Q2:事務所にWaffle Cell v1が設置されている。v1はまだまだ使えるのでv1も使いつつ、v2を新規導入することはできるか。

A1:基本的にはWaffle Cellと通常のNASを同じ事務所に置いても特に問題ありません。ただし、外部からアクセス可能なタイプのNASでは問題を起こす場合があります。その場合はNASを外部からアクセスしない設定にすることで解決できる場合があります。

A2:可能ですがLANの外側から接続できるのはどちらか1つになります。もう1つは社内LAN専用となります。

外から接続しようとした → 接続可能な機械が2台ある → 接続できない

となってしまうためです。下図はQ2のケースです。

【接続のイメージ】

ローカルPCからv1・v2両方にアクセス可能。
外部のPCからはv2のみにアクセス可能。
※外部からWaffle Cell v2へVPN接続しているPCからは、v1v2両方にアクセスできます。VPN接続すれば社内LAN内にあるのと同じ状態になるからです

設定の手順。(v1を社内LAN専用とします)

(1)同じルーターにWaffle Cell v1とv2を接続する。
(2)v1をDMZ設定する。

Waffle Cell v1でDMZ設定にする:

(1)ローカルPCのブラウザで下記アクセス。
https://L.<ホスト名>.wafflecell.com/ (例 https://L.example.wafflecell.com)
画面右下「管理ページ」から「管理者ユーザー名」「管理者パスワード」を入れログイン。

(2)ログイン後、画面右「DMZオプション設定」をクリックし、DMZを有効にする。これでDMZ設定終了。

ここではWaffle Cell v1は外から接続しないので、ルーターにv1のローカルIPを設定するなどの作業はしません。

v1 → v2 ファイルコピー

v1のホスト名をwc1、Waffle Cellユーザー名をuser1、
v2のホスト名をwc2、Waffle Cellユーザー名をuser2とします。

ローカルPCでエクスプローラー(Windowsキー+E)を起動し、そのアドレスバーに
¥¥L.wc1.wafflecell.com¥user1¥ と入力。通常のファイルコピーの要領で、
¥¥L.wc2.wafflecell.com¥user2¥ にコピーすることができます。

DMZ設定されたWaffle Cellに、外から接続

LANの外側からWaffle Cell v2にVPN接続して、v1のファイルサーバーのフォルダに接続することが可能です。下記の点にご注意ください。

  1. VPN接続するためのv2のユーザー追加
  2. フォルダに接続するためのv1のユーザー追加

しておく必要があります。また、v1のフォルダが共有フォルダである場合、管理画面から共有フォルダへの接続を有効にしておく必要があります。