その他」カテゴリーアーカイブ

プロバイダーを後から変更可能か

プロバイダーの変更は基本的に問題有りません。

乗り換える前にプロバイダーに以下の点を確認して下さい。
・グローバルIPが割り当てられるか(固定IPでなくても大丈夫)
・IpV4であるか
上記二点に問題がなければ大丈夫です。

ただし、ケーブルテレビなどの低速の回線ではまともに使えなくなる可能性がありますので、ご注意下さい。

上記の点を確認後、ルーターが変らなければ、そのまま動作します。ルーターを置き換える時も、場合によっては多少設定変更が必要な場合もありますが、それも簡単な変更となります。

設置場所を移動するには?

例えば、本製品を 自宅 → 事務所 などのように設置場所を移動する場合は以下のように作業を行なって下さい。

  1. Waffle Cellを管理画面からshutdown Waffle Cellの管理画面からshutdownしてください。rebootではなく、shutdownです。 shutdownをすると、Waffle Cellの電源がオフになります。 shutdownの方法はこちらをご覧ください。
  2. 本製品を職場に持っていく。
  3. 本製品のLANケーブル等の接続を行った後電源を入れる。

通常の光回線を契約していて、同じ回線内に既存のサーバーがない場合はこれでOKです。特に設定変更などは必要ありません。

 

管理者とユーザーの違いは?

管理者 システムに関わる操作をする時は「Waffle Cell管理者」。 例えば、サービス追加、Waffle Cellユーザー名の新規追加・変更などをする時。

ユーザー 実際にパソコンの利用をする時は「Waffle Cellユーザー」。 例えば、ローカルPCのファイルをWaffle CellのHDDの自分専用のフォルダにコピーする時。

個人でWaffle Cellを使っている方は「管理者」であり「ユーザー」となり、一人で二つのIDを使い分けることになります。

Waffle Cellの電源を切る方法は?(終了と再起動)

Waffle Cellの電源を切ったり(シャットダウン shutdown)、再起動(リブート reboot)する場合は次のような方法で行います。

Waffle Cellを終了すると製品本体の電源もオフになります。再度起動する時は製品本体の電源ボタンを押してください。

 

同じLAN内にあるPCから管理Top画面にアクセス出来る場合

可能であれば、なるべくこの方法で終了・再起動を行なって下さい。Waffle Cell上で編集中のファイルがある場合は保存終了してから、Waffle Cellの終了・再起動を行ってください。

  1. 同じLAN内にあるPCから管理Top画面にログイン(ログイン方法はこちら)
  2. 画面上部の[高度な設定 ]をクリックし、「終了・再起動」を選択。Waffle Cellの電源を切る場合は「shutdown」、再起動は「reboot」を入力し、「実行する」ボタンをクリック。

これでWaffle Cellが終了・再起動します。
なお、「実行する」ボタンをクリックすると画面に「Waffle Cellからの応答がありません」などというメッセージが表示される場合がありますが、Waffle Cellの電源が一旦切れるのでこのようなメッセージが表示されます。エラーではありません。

 

同じLAN内にあるPCから管理Top画面にアクセス出来ない場合

製品本体の電源ボタンを押してください。製品本体とWaffle Cellが同時に終了します。2~3分待った後、電源ボタンを再度押してください。製品本体とWaffle Cellが起動します。

 

 

 

 

 

 

OSのアップデート(直接OSのアップデートはしないで下さい)

下記の操作は絶対に行わないでください。

『**本製品**にモニターやキーボードをつなげ、パスワードを入れてログイン、アップデートマネージャーでアップグレードを行うこと』

上記操作を行うと、Waffle CellのOS(Debian)がメジャーアップデートされWaffle Cellが正常に動作しなくなり、修理が必要になります。

マイナーアップデートは行うことが可能ですが、その場合は必ずWaffle Cellの管理画面から行なって下さい。

OSのアップデートの手順

※アップデートは最大で60分程度かかる場合がありますので、時間的に余裕のある場合に行なって下さい。

  1. 同じLAN内にあるPCのブラウザから、管理Topページにログイン(こちらをご参照下さい)
  2. [高度な設定]サービス追加削除(一般) クリック。
  3. [アップデート]OSアップデート クリック。

後は画面の指示に従って作業を行なって下さい。

 

SSL

SSLとは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みです。

Waffle CellはSSLが標準で導入されています。

Waffle Cellにブラウザからアクセスする場合、先頭は、
「http://~」ではなく
「https://~」となります。