その他」カテゴリーアーカイブ

Waffle Cellが遅い

Q:弊社スタッフがWaffle Cellを使っていますが、Waffle Cellが遅い(重い)と言われています。対策はありますか。またWaffle Cellは1度に何人まで使えますか。

 

A:遅くなる原因としては

(1)回線
(2)メモリ不足によるスワップ
(3)RDPの設定

です。確認方法は

(1)別の回線経由で試してみる。
Waffle Cellと同じLAN内にあるPCが遅い場合、以下の2つを確認してください。
(2)メモリを 確認する。
同じLAN内にあるローカルPCで「アプリ画面」を開き、[高度な設定]各種情報の「利用可能メモリ」が表示されます。サクサクに使うには、仮想デスクトップはユーザー1人当り2GB、仮想PC(Windows)はユーザー1人当り3~4GBを必要とします。
(3)RDPの画面色数を16ビット以下にします。

 

1度に何人くらいまで使えるかという点ですが、使う機能により異なり、一概には言えません。Nextcloud, Mattermostであれば数十人でも大丈夫です。ファイルサーバー(NAS機能)を使う場合もコピーするファイルサイズによります。

ホスト名の変更はできるか

Q:既に設定したホスト名を別のものに変更できますか。


aaaaa.wafflecell.com

bbbbb.wafflecell.com

A:残念ながら、ホスト名は一度設定してしまうと変更はできません。

管理Top画面へのログイン

Waffle Cellで各種の設定や新たなサービスを追加する場合は、管理Top画面にログインする必要があります。

ログインの手順

ローカルPCのブラウザのアドレスバーに

https://L.<ホスト名>.wafflecell.com
例:https://L.example.wafflecell.com

と入力し、アプリ画面を表示します。

画面左上「管理Topへ」をクリックします。
管理者ログイン画面になりますので、Waffle Cell管理者名・Waffle Cell管理者パスワードを入力し, Lgoinボタンをクリックします。

Chromebookで作成したファイルをWaffle Cellに保存

Chromebookで文書作成して保存しようとすると、保存先としてGoogleドライブ、ダウンロード(ローカル領域)はありますが、Waffle Cellのファイルサーバーはありません。

下記サイトに従って、「File System for Windows」をChromebookにインストールするといいでしょう。

ChromebookをWindowsファイル共有サーバーに接続する方法

「File System for Windows」をインストールしたら各項目を下記の通り入力するといいでしょう。

  1.  サーバーのIPアドレス
    → L.<ホスト名>.wafflecell.com 例:L.example.wafflecell.com
  2. アクセスするユーザー名 → Waffle Cellユーザー名
  3. ユーザーのパスワード → Waffle Cellパスワード
  4. サーバーの端末名 → Waffle Cellユーザー名

上記インストール後、
Chromebook付属のテキストエディタで文書入力 → 保存をクリックすると、それまで出なかった
 L.<ホスト名>.wafflecell.com
がサイドメニューに表示され、テキストファイルをWaffle Cellのファイルサーバーに保存することができるようになります。

Waffle Cell+NAS、あるいはWaffle Cell2台を設置できるか

Q1:Waffle CellとNASを同じ事務所に導入できるか。

Q2:事務所にWaffle Cell v1が設置されている。v1はまだまだ使えるのでv1も使いつつ、v2を新規導入することはできるか。

A1:基本的にはWaffle Cellと通常のNASを同じ事務所に置いても特に問題ありません。ただし、外部からアクセス可能なタイプのNASでは問題を起こす場合があります。その場合はNASを外部からアクセスしない設定にすることで解決できる場合があります。

A2:可能ですがLANの外側から接続できるのはどちらか1つになります。もう1つは社内LAN専用となります。

外から接続しようとした → 接続可能な機械が2台ある → 接続できない

となってしまうためです。下図はQ2のケースです。

【接続のイメージ】

ローカルPCからv1・v2両方にアクセス可能。
外部のPCからはv2のみにアクセス可能。
※外部からWaffle Cell v2へVPN接続しているPCからは、v1v2両方にアクセスできます。VPN接続すれば社内LAN内にあるのと同じ状態になるからです

設定の手順。(v1を社内LAN専用とします)

(1)同じルーターにWaffle Cell v1とv2を接続する。
(2)v1をDMZ設定する。

Waffle Cell v1でDMZ設定にする:

(1)ローカルPCのブラウザで下記アクセス。
https://L.<ホスト名>.wafflecell.com/ (例 https://L.example.wafflecell.com)
画面右下「管理ページ」から「管理者ユーザー名」「管理者パスワード」を入れログイン。

(2)ログイン後、画面右「DMZオプション設定」をクリックし、DMZを有効にする。これでDMZ設定終了。

ここではWaffle Cell v1は外から接続しないので、ルーターにv1のローカルIPを設定するなどの作業はしません。

v1 → v2 ファイルコピー

v1のホスト名をwc1、Waffle Cellユーザー名をuser1、
v2のホスト名をwc2、Waffle Cellユーザー名をuser2とします。

ローカルPCでエクスプローラー(Windowsキー+E)を起動し、そのアドレスバーに
¥¥L.wc1.wafflecell.com¥user1¥ と入力。通常のファイルコピーの要領で、
¥¥L.wc2.wafflecell.com¥user2¥ にコピーすることができます。

DMZ設定されたWaffle Cellに、外から接続

LANの外側からWaffle Cell v2にVPN接続して、v1のファイルサーバーのフォルダに接続することが可能です。下記の点にご注意ください。

  1. VPN接続するためのv2のユーザー追加
  2. フォルダに接続するためのv1のユーザー追加

しておく必要があります。また、v1のフォルダが共有フォルダである場合、管理画面から共有フォルダへの接続を有効にしておく必要があります。

サービス削除がうまく行かない場合

追加したサービス(Nextcloud等)を削除しようと思い、「サービス削除」を実行したが、削除されないような場合は、もう一度同じサービスを追加(上書き)してから削除する事で削除可能になる場合があります。

これはサービスを追加するプログラムが更新されているのが原因です。

下記手順をお試しください。また、一度削除してまっさらな状態から「サービス追加」をやり直したいという場合も下記4の後から行ってください。

  1. 管理Topページにログイン(こちらをご参照下さい)
  2. 画面上部の[高度な設定]をクリックし、「サービス追加削除(一般)」をクリック。
  3. 画面上部の[アップデート]をクリックし、「サービス一覧 アップデート」をクリックし、インストール(更新)を実行。
  4. インストールが終了したら、削除できないプログラムの「サービス追加」を実行(※)。
    ※既に追加されているサービスは下部に「削除」と表示されますが、サービス名の部分をクリックすることで上書きでインストールが可能です。
  5. インストールが肝呂空いたら、該当プログラムの「サービス削除」を実行。

VNC Viewer で文字が滲む

VNC Viewer(RealVNC)を使っていると文字が滲んだような状態で表示される場合があります。その場合、オプション設定で解決します。

vncoption

オプション → [Diplay]タブ → Scaling で
Scale to window size になっていると滲んで表示される場合があるので、
No scaling に設定します。

管理者パスワード・Waffle Cellユーザーのパスワード変更

管理者パスワードの変更とWaffle Cellユーザーのパスワードは、メニューから行います。

管理者パスワードの変更

「Waffle Cell管理者パスワード」を変更するにはオンラインマニュアル「Waffle Cell管理者パスワード変更」をご覧ください。

Waffle Cellユーザーのパスワードの変更

「Waffle Cellユーザーのパスワード」を変更するには下記の手順で行ってください。

  1. 管理Topページにログイン(こちらをご参照下さい)
  2. 「ユーザーパスワード」をクリック。
  3. パスワードを変更したいユーザーを選択肢、変更後のWaffle Cellパスワードを入力。

  4. 最後に[パスワードを変更]をクリック。

Real VNC Viewer → The connection was refused by the host computer

VNC Viewerを起動しようとしたら
「The connection was refused by the host computer」
というエラーが出た。
connection

VNC Server欄には下記のように
portnum
エルドット+ホスト名+wafflecell.com+コロン+VNCポート番号
という形で入力します。VNCポート番号を入れ忘れると上記エラーが出ます。VNCポート番号を入れて起動してください。

【VNCポート番号の確認方法】

  1. ブラウザのアドレバーに下記入力。
    https://L.<ホスト名>.wafflecell.com (例 https://L.example.wafflecell.com)
  2. 「仮想デスクトップ」をクリック。
  3. 各ユーザ毎にVNC番号が表示される。

プロバイダーを後から変更可能か

プロバイダーの変更は基本的に問題有りません。

乗り換える前にプロバイダーに以下の点を確認して下さい。
・グローバルIPが割り当てられるか(固定IPでなくても大丈夫)
・IpV4であるか
上記二点に問題がなければ大丈夫です。

ただし、ケーブルテレビなどの低速の回線ではまともに使えなくなる可能性がありますので、ご注意下さい。

上記の点を確認後、ルーターが変らなければ、そのまま動作します。ルーターを置き換える時も、場合によっては多少設定変更が必要な場合もありますが、それも簡単な変更となります。