その他」カテゴリーアーカイブ

Chromebookで作成したファイルをWaffle Cellに保存

Q:Chromebookで作成したワープロ文書、表計算ファイルをWaffle Cellのファイルサーバーに保存するにはどうしたらいいか。

 

A:Chromebookで文書作成して保存しようとすると、保存先としてGoogleドライブ、ダウンロード(ローカル領域)はありますが、Waffle Cellのファイルサーバーはありません。

下記サイトに従って、「File System for Windows」をChromebookにインストールするといいでしょう。

ChromebookをWindowsファイル共有サーバーに接続する方法

「File System for Windows」をインストールしたら各項目を下記の通り入力するといいでしょう。

(1) サーバーのIPアドレス
→ L.<ホスト名>.wafflecell.com 例:L.example.wafflecell.com
(2) アクセスするユーザー名 → Waffle Cellユーザー名
(3) ユーザーのパスワード → Waffle Cellパスワード
(4) サーバーの端末名 → Waffle Cellユーザー名

上記インストール後、
Chromebook付属のテキストエディタで文書入力 → 保存をクリックすると、それまで出なかった
 L.<ホスト名>.wafflecell.com
がサイドメニューに表示され、テキストファイルをWaffle Cellのファイルサーバーに保存することができるようになります。

Waffle Cell2台もしくはWaffle Cell+NASを設置したい

Q1:事務所にWaffle Cell v1が設置されている。v1はまだまだ使えるのでv1も使いつつ、v2を新規導入することはできるか。

Q2:Waffle CellとNASを同じ事務所に導入できるか。

A:可能ですがLANの外側から接続できるのはどちらか1つになります。もう1つは社内LAN専用となります。

外から接続しようとした → 接続可能な機械が2台ある → 接続できない

となってしまうためです。下図はQ1のケースです。

【接続のイメージ】

ローカルPCからv1・v2両方にアクセス可能。
外部のPCからはv2のみにアクセス可能。

設定の手順。(v1を社内LAN専用とします)

(1)同じルーターにWaffle Cell v1とv2を接続する。
(2)v1をDMZ設定する。

Waffle Cell v1でDMZ設定にする:

(1)ローカルPCのブラウザで下記アクセス。
https://L.<ホスト名>.wafflecell.com/ (例 https://L.example.wafflecell.com)
画面右下「管理ページ」から「管理者ユーザー名」「管理者パスワード」を入れログイン。

(2)ログイン後、画面右「DMZオプション設定」をクリックし、DMZを有効にする。これでDMZ設定終了。

ここではWaffle Cell v1は外から接続しないので、ルーターにv1のローカルIPを設定するなどの作業はしません。

v1 → v2 ファイルコピー

v1のホスト名をwc1、Waffle Cellユーザー名をuser1、
v2のホスト名をwc2、Waffle Cellユーザー名をuser2とします。

ローカルPCでエクスプローラー(Windowsキー+E)を起動し、そのアドレスバーに
¥¥L.wc1.wafflecell.com¥user1¥ と入力。通常のファイルコピーの要領で、
¥¥L.wc2.wafflecell.com¥user2¥ にコピーすることができます。

サービス削除がうまく行かない

Q:追加したサービス(Nextcloud等)を削除しようと思い、「サービス削除」を実行したが、削除されない。

A:「サービス一覧 アップデート」を実行した後に
「サービス追加」されたプログラムでないと
「サービス削除」されない場合があります。

下記手順をお試しください。また、一度削除してまっさらな状態から「サービス追加」をやり直したいという場合も下記(4)の後から行ってください。

(1)ローカルPCのブラウザで、Waffle Cell管理Topページ
https://L.<ホスト名>.wafflecell.com
を開き、Waffle Cell管理者名を入力してログイン。

(2)[高度な設定]サービス追加削除(一般) → [アップデート]サービス一覧 アップデート 実行。

(3)削除できないプログラムの「サービス追加」を実行。

(4)該当プログラムの「サービス削除」を実行。

VNC Viewer で文字が滲む

VNC Viewer(RealVNC)を使っていると文字が滲んだような状態で表示される場合があります。その場合、オプション設定で解決します。

vncoption

オプション → [Diplay]タブ → Scaling で
Scale to window size になっていると滲んで表示される場合があるので、
No scaling に設定します。

管理者パスワード・一般パスワードの変更

【Ubuntuに詳しい方へ】
コマンドライン(ルート権限による)での設定は行わないでください。システムに矛盾が発生してしまいます。

「Waffle Cell管理者パスワード」を変更するにはオンラインマニュアル「Waffle Cell管理者パスワード変更」をご覧ください。

「Waffle Cellパスワード」を変更するには下記の手順で行ってください。

  1. https://L.<ホスト名>.wafflecell.com を開き、「Waffle Cell管理者名」「Waffle Cell管理者パスワード」を入力してログイン。
  2. ユーザーパスワード クリック。
  3. 変更後のWaffle Cellパスワードを入力。
  4. [パスワードを変更]をクリック。

VPN接続しても「コンピュータ名」を入力できない

Q:VPN接続したPCから、社内のWindowsサーバー等に接続する際にnetbios名(Windowsのコンピュータ名)で接続できない。
社外PCからVPN接続しても社内LANに組込まれないのか?

「コンピュータ名」
コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム

A:Windowsのコンピュータ名の使用は同一ネットワークのPCの制限があるため
名前の解決に「Windows コンピュータ名」を使用することができません。
代りに「Windows コンピュータ名」に対応するIPアドレスを使用して下さい。

例えば、下記の形で業務ソフトをWaffle Cellで使いたい場合があるとします。

青枠 → 社内LANの内側
R → ルーター
Waffle Cell機 → 仮想PC(Windows)に業務ソフト(サーバープログラム マルチユーザー対応)がインストールされている。
A,B → 社内PC。業務ソフト(クライアントプログラム)がインストールされている。
C → 社外PC。VPN接続されている。業務ソフト(クライアントプログラム)がインストールされている。

A,B,C各PCで事務員が業務データ入力作業を行う。
業務ソフトのサーバープログラムとクライアントプログラムを紐付けるため、
仮想PCの「Windows コンピュータ名」を業務ソフトで設定する必要がある。

Waffle Cellの自分のフォルダにあるファイルの削除・コピー、Word,Excelのファイルを編集などといったことは、上記A,B,C全てでできます。

但し、「名前の解決の制限」があるため、
A,Bで「Windows コンピュータ名」は設定できますが、
Cでは「Windows コンピュータ名」を設定できません。

この場合、もしクライアントソフトで「Windows コンピュータ名」の代りにIPアドレスを設定可能であれば、下記の手順で設定することができます。

  1. 仮想PCのIPアドレスを固定する。(ルーターをリセットするとIPアドレスが変ってしまうため)
  2. パソコンCで仮想PCのIPアドレスを設定。

仮想PCのIPアドレスを固定する方法につきましては
「Windows IPアドレス 固定」
などで検索してみてください。

Real VNC Viewer → The connection was refused by the host computer

VNC Viewerを起動しようとしたら
「The connection was refused by the host computer」
というエラーが出た。
connection

VNC Server欄には下記のように
portnum
エルドット+ホスト名+wafflecell.com+コロン+VNCポート番号
という形で入力します。VNCポート番号を入れ忘れると上記エラーが出ます。VNCポート番号を入れて起動してください。

【VNCポート番号の確認方法】
(1)ブラウザのアドレバーに下記入力。
L.<ホスト名>.wafflecell.com (例 L.example.wafflecell.com)
(2)仮想デスクトップ クリック。

プロバイダーを後から変更可能か

現在A社とプロバイダー契約してWaffle Cellを運用している。B社の方が料金安いので乗り換えたい。

乗り換える前にプロバイダーに
・グローバルIPが割り当てられるか
・IpV4であるか
を確認してください。

上記の点を確認後、ルーターが変らなければ、そのまま動作します。ルーターを置き換える時も、場合によっては多少設定変更が必要な場合もありますが、それも簡単な変更となります。

Waffle Cellの設置場所を移動するには?

例えば、Waffle Cellプレインストール機
自宅 → 事務所
と移動するにはどうしたらいいか。

【 1 】Waffle Cellを管理画面からshutdown
Waffle Cellの管理画面からshutdownしてください。rebootではなく、shutdownです。
shutdownをすると、Waffle Cellの電源がオフになります。
shutdownの方法はこちらをご覧ください。

【 2 】Waffle Cell機を職場に持っていく

【 3 】LAN・電源ケーブルを接続し、Waffle Cell機のスイッチを入れる

通常の光回線を契約して、既存のサーバーが事務所にない場合はこれでOKです。特に設定変更などは必要ありません。

Waffle Cellとは別に既存のサーバー等が事務所にあったり、特殊な設定をしている場合は事務所の管理者とご相談ください。

管理者と一般ユーザーの違いは?

管理者
システムに関わる操作をする時は「Waffle Cell管理者」。
例えば、サービス追加、Waffle Cellユーザー名の新規追加・変更などをする時。

ユーザー
実際にパソコンの利用をする時は「Waffle Cellユーザー」。
例えば、ローカルPCのファイルをWaffle CellのHDDの自分専用のフォルダにコピーする時。

個人でWaffle Cellを使っている方は「管理者」であり「ユーザー」となり、一人で二つのIDを使い分けることになります。