投稿者「admin」のアーカイブ

メールのサービス追加について

Q:管理Topログイン → [メール]カテゴリーに下記の4つのアイコンがあります。これはどう違いますか?

(1)Postfixメールサーバー
(2)VPN Webメール
(3)VPN Webメール公開設定
(4)モバイルMail

A:順番に回答致します。
(1)Postfixメールサーバー
メールを送信する時に使います。「サーバー」の名の通りメールを送信するプログラムの大本です。

Postfixメールサーバーをサービス追加すると、「メールサーバー設定」へのリンクが表示されるので、プロバイダとの契約書を参照しながら必要事項を設定してください。
管理Top画面 → [アプリ設定]に「メールサーバー設定」が表示されるので、後から変更する場合はこちらから変更できます。

※右側の「VPN Webメール公開設定」は(3)VPN Webメール公開設定をサービス追加することにより表示されます。


(2)VPN Webメール
メールソフトです。(メールサーバーではありません)
例えば、OutlookやThunderbirdに該当する役割を果します。

VPN Webメールをサービス追加した後は、Waffle Cellのアプリ画面からVPN Webメールを選択し、起動してください。


(3)VPN Webメール公開設定
VPN WebメールはLANの外にあるPCからログインすることはできません。

VPN Webメールにログインできるのは下記のPCになります。
・同じLAN内にあるPC
・Waffle CellにVPN接続しているPC

LANの外にありVPN接続されていないPCからVPN Webメールにログインする場合は
VPN Webメール公開設定をサービス追加し、
管理Top画面 → [アプリ設定] → VPN Webメール公開設定
で「VPNなしでも利用」にチェックを付けてください。


(4)モバイルMail
これをサービス追加すると、VPN Webメールの画面がスマホ等に合せた画面になります。

VPN接続できない – アドレス確認

Waffle Cell VPN Manager → 設定の編集 → [全般]宛先のホスト名またはIPアドレスIPを入力する際、アドレスの先頭にL.(エルドット)を付けるとVPN接続できません。L.(エルドット)を付けない形で入力してください。

・正しい例 – example.wafflecell.com
・誤った例 – L.example.wafflecell.com

■先頭にL.(エルドット)が付いていないか確認する方法

Windows
Waffle Cell VPN Manager 起動 → 「設定の編集」クリックすると、下記の画面が表示されます。反転部分の先頭にもしも L.(エルドット) が付いていたら削除してください。

 Android
設定 → その他 → VPN
該当項目を選択し「サーバーアドレス」

iPad、iPhone
設定 → 一般 → VPN

カテゴリー: VPN | 投稿日: | 投稿者:

接続できない – 内から繋がるが、外から繋がらない

Q:同じLAN内からWaffle Cellに繋がるが、外の回線からは繋がらない。
エラー789が出る場合もある。

A:下記の点確認してください。
※本製品を「ブリッジモード」でお使いの場合、本製品とは別に他社製ルーターを使っていると思います。本ページでは本製品以外のルーターを『他社製ルーター』と表記します。

【 1 】二重ルーターの確認
管理Topで「Waffle Cell管理者名」入力、ログイン → [高度な設定]各種情報 → 二重ルーターの設定が「正常」になっているか。

「正常」の場合は問題ありませんが、赤色で「二重ルーター」と表示されている場合は、本製品を「ブリッジモード」に設定してください。

【 2 】プロバイダーに下記の点を確認

  • お使いの回線がIPv4になっているか。
    IPv6では外から繋がりません。
  • グローバルIPアドレスが割り当てられているか。
    マンション全体で1つのグローバルIPアドレスが割り当てられ、各戸はローカルIPアドレスが割り当てられているような環境ではWaffle Cellは設置できません。

【 3 】再起動
(1)
ルーターモードでご利用の場合
こちらのページを元に本製品の再起動を行ってください。

(2)ブリッジモードでお使いの場合
本製品をこちらのページを元に終了(shutdown)し、
『他社製ルーター』の電源を抜き、
3秒待った後『他社製ルーター』の電源を挿し、
5分待って本製品の電源を入れて下さい。

【 4】Waffle Cellの設定
管理Topログイン → [セキュリティ]VPNのみ許可を「有効」
にすると、外からのアクセスができなくなります。このオプションは「無効」にしておいてください。

【 5 】UPnPが無効になっていないか(ブリッジモードでお使いの場合のみ)
本製品をブリッジモードで利用している場合は、何らかの原因によりUPnPの設定を無効にしてしまう場合があります。
「UPnPを有効」に設定後、『他社製ルーター』・本製品の再起動をします。

【 6 】DMZ設定(ブリッジモードでお使いの場合のみ)
本製品をブリッジモードで使用している場合、下記の操作で接続できることがあります。

  1. Waffle CellのDMZ設定を有効にし、
  2. 『他社製ルーター』Waffle CellのローカルIPを設定する

◆DMZ設定の手順
(1)Waffle Cellに接続しているPCでブラウザを開き、下記を入力。

https://L.<ホスト名>.wafflecell.com/ 
例 https://L.example.wafflecell.com/

 

(2)Waffle Cell管理Top画面で「Waffle Cell管理者名」を入力してログイン → [セキュリティ]DMZ設定 と進む。

(3)下記のような画面が表示されたら、
「有効」にチェックを付け、
ローカルIPアドレスが「n.n.n.n」という形で表示されるので、この数字をメモ書き。

(4)「使用中のルーター名 DMZ」でWEB検索し、お使いルーターのDMZ設定を行う。DMZ設定するときにメモ書きしたローカルIPアドレスを入力する。

これで外部から接続が可能になるはずです。

※本説明のポイント
・Waffle CellでDMZ設定をする。
・『他社製ルーター』でWaffle CellのローカルIPを設定する。
上記2つの設定を両方行ってください。どちらか1つだけでは目的の動作はしません。

【 7 】Windows10 Fall Creators UpdateにUpdateした後、VPN接続しようとすると633 Errorが出た場合【Ver1709】
こちらのサイトに従って、WAN Miniportを1つずつアンインストールしてください。
※既にWindows10のバージョン1709以上に上がっているので、該当する事例は少ないと思います。

 

接続できない – 内からも外からも繋がらない場合

Q:LANの外側にあるPCだけでなく、LANの内側にあるPCからもWaffle Cellに接続できません。LANの内側にあるPCからもWaffle Cellにアクセスできないので、管理Top画面から設定を直すこともできません。

※本製品を「ブリッジモード」でお使いの場合、本製品とは別に他社製ルーターを使っていると思います。本ページでは本製品以外のルーターを『他社製ルーター』と表記します。

A:
【 1 】ブラウザのエラー画面表示をご確認ください。
(1)「安全な接続ではありません、このサイトは安全ではありません」
SSL証明書を正しく取得できなかった可能性があります。本製品を再起動してください。
 → 再起動・終了のやり方はこちらをご覧ください。

(2)「ページ読み込みエラー、接続がタイムアウトしました」(Firefox)
「応答時間が長すぎます」(Google Chrome)
 → Waffle Cellに完全に繋がっていないので、【 2 】に進んでください。

【 2 】
(1)ルーターモードでご利用の場合
こちらのページを元に本製品の再起動を行ってください。

(2)ブリッジモードでお使いの場合
本製品をこちらのページを元に終了(shutdown)し、
『他社製ルーター』の電源を抜き、
3秒待った後『他社製ルーター』の電源を挿し、
5分待って本製品の電源を入れて下さい。

【 3 】マンションでグローバルIPが1つあり、各戸にはローカルIPを割り振っている場合があります。この場合Waffle Cellに接続することはできません。グローバルIPにつきましてはプロバイダーにお問合せください。

カテゴリー: 接続 | 投稿日: | 投稿者:

VPN接続、ある日突然できなくなった → 再起動

数日前までは何ら問題なくVPN接続できていたのに、突然VPN接続できなくなった場合は以下の点をご確認下さい。

・事前共有キー 事前共有キーの変更を行なっていないかを確認して下さい。

・接続元のPCの再起動等 Waffle CellにVPN接続できないPCを再起動して下さい。また、OSのアップデート(例:Windows Update)があれば行ってください。

・Waffle Cellの再起動等 Waffle Cell上で作業中のユーザーがいれば、編集中のファイルを保存終了してもらいます。仮想PCのWindowsを使用している場合は、スタートボタンから終了してもらいます。完了後、以下の手順で作業して下さい。

  1. Waffle Cellの再起動を行う(再起動・終了のやり方はこちら)
  2. 本製品起動後5分ほど待ち、動作を確認。VPNが繋がるようになれば作業終了。

 

Waffle Cellが遅い

Q:Waffle Cellを使っていますが、Waffle Cellが遅い(重い)と感じます。対策はありますか。またWaffle Cellは1度に何人まで使えますか。

A:遅くなる原因としては

(1)回線
(2)メモリ不足によるスワップ
(3)RDPの設定

です。確認方法は

(1)別の回線経由で試してみる。
Waffle Cellと同じLAN内にあるPCが遅い場合、以下の2つを確認してください。

(2)メモリを 確認する。
Waffle Cellと同じLAN内にあるPCで「アプリ画面」を開き、[管理関連]各種情報 → 「利用可能メモリ」が表示されます。サクサクに使うには、仮想デスクトップはユーザー1人当り2GB、仮想PC(Windows)はユーザー1人当り3~4GBを必要とします。

(3)RDPの画面色数を16ビット以下にします。

1度に何人くらいまで使えるかという点ですが、使う機能により異なり、一概には言えません。Nextcloud, Mattermostであれば数十人でも大丈夫です。ファイルサーバー(NAS機能)を使う場合もコピーするファイルサイズによります。

Waffle Cellに仮想デスクトップは何台まで設定できますか

Q:1つのWaffle Cellに仮想デスクトップは何台まで設定できますか。

A:仮想デスクトップ内にインストールするプログラム(サービス追加)にもよるので一概には言えませんが、大体の目安として1つの仮想デスクトップが約2GBのメモリを取るとお考えください。

 

カテゴリー: 仮想 | 投稿日: | 投稿者:

ホスト名の変更はできるか

Q:既に設定したホスト名を別のものに変更できますか。


aaaaa.wafflecell.com
 ↓
bbbbb.wafflecell.com

A:残念ながら、ホスト名は一度設定してしまうと変更はできません。

 

 

管理Top画面へのログイン

Waffle Cellで各種の設定や新たなサービスを追加する場合は、管理Top画面にログインする必要があります。

本製品を「ルーターモード」に設定しているか「ブリッジモード」に設定しているかで、ログイン方法が異なります。

ログインの手順

本製品と同じLAN内にあるPCのブラウザのアドレスバーに

ルーターモード
https://<ホスト名>.wafflecell.com/
例 https://example.wafflecell.com/

ブリッジモード
https://L.<ホスト名>.wafflecell.com/
例 https://L.example.wafflecell.com/

と入力し、Waffle Cellのアプリ画面を表示します。

画面左上「管理Topへ」をクリックします。 管理者ログイン画面になりますので、Waffle Cell管理者名・Waffle Cell管理者パスワードを入力し, Loginボタンをクリックします。

これでログインできます!