あの興奮は

先日知人にある漫画家Yさんを紹介されました。寿司屋で3時間楽しく話をさせていただきました。そのときにWalkmanが話題になり、Yさんがいうのです。

実家に帰るため新幹線に乗り、はじめてWalkmanで「矢沢」を聞いた時のことが忘れられない。あの素晴らしい音、そして新幹線の中で聞くという、あの喜び」

最近、Waffle Cellがどうあるべきか、という「小論文」を技術顧問がまとめてくれました。そこにもWalkmanが登場します。そこにはこんなことが書かれています。

ニーズに応えて商品を出すのではなく、商品を出すことで消費者が新しいニーズに気がつく

今ではそのニーズが当たり前ですが、新幹線ではじめて「矢沢」を聞いたYさんも新しいニーズに気がついたのでしょうか。

※ WalkmanはSony社内では「録音ができないテープレコーダーがあるか!」と創業者以外が商品化に大反対だったそうです。彼らは未知のニーズに気が付かなかったのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

+ 54 = 64