Nextcloud Conference 2018 (2)

さて、前回ご紹介したようにここには全世界からNextcloudの開発に携わっている技術者が集まっています。先ほどエレベーターで一緒になった技術者はベルギーから来ていました。スイスやオーストリア、地元ドイツも各地から参加しています。昨日は米国から来た私に少し似ているある意味「少しいっちゃっている」技術者とも楽しく数時間話をしました。そういえばケニヤや南アフリカからの参加者もいました。

このNextcloud Conferenceの凄いところは、経済的な理由で旅費が出せない場合はNextcloud社が費用の8割まで負担するという点です。そしてランチも無料です!

カフェテリアで食事
カフェテリアで食事

さて、前回書いたようにこの会合は以前カーリチェック氏の事務所にたむろする技術者のために開催することになったというころです。ということで当然、会場の雰囲気はたむろに近いです。

今私の隣にいるドイツ人二人はルールを破ってドイツ語で話をしていますが、公用語は英語に限られています。そしてほぼ全員、このルールを守っています。しかしほとんどは無言で、黙々と開発をしています。

昨日隣に座った技術者はすぐ前に座っていた別の技術者とチャットでコミュニケーションをとっていました。しかし一方、フランス人の技術者はよくしゃべる!彼は技術以外のことも含めて交流が目当てでここに来ているようです。ちなみに彼は非常に重要な新機能をNextcloudに実装し、土日に発表をするようです。

今回私が Nextcloud Conferenceに参加することを決めた理由は彼らがどのような理由で参加し、どのようにここでの時間を過ごすかを知りたかったからです。もちろん他にも理由はたくさんありますが・・・

次回は土曜日に発表される予定の私も関係している重大発表について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

+ 69 = 70