ファーストサーバーのZenlogic全面停止 なぜ再び集中?

2018年6月中旬から断続的に停止していたファーストサーバーのZenlogic(レンタルサーバー)ですが、7月に入り3日間以上完全にサービスが止まりました。この影響で取引先のメールが止まり、知人のサーバーを他社へ引っ越すのを手伝ったりと間接的に私も影響を受けました。

ファーストサーバー社によると本日(2018年7月11日)まにで根本的な原因はわかっていないということです。ただプレスリリースを見ると

ストレージシステム(データ記憶システム)において、 高負荷が発生し、 サービスが断続的にご利用しづらい状態が発生しました。

とあり、さらにその後も記憶媒体に高負荷がかかり・・・とあるので、問題はおそらく記憶媒体(データを収納する機器)かと思います。

ここで私は疑問に思うのです。データセンターは集中です。しかし一度データーセンターにアクセスが集中した後は、各契約者のサーバーは複数に分かれているはずで(複数社で共有することはあっても)、センター内では分散されます。ですから常識的にボトルネック(集中する場所)は回線になることが多いです。

ところが今回は記憶媒体が問題を起こし、さらにその影響がすべての契約者に及んだという点です。契約者数、2万社です。

ここからは想像です。「もしかして、データセンター内で分散された各サーバーは集中型の記憶媒体にアクセスしているのではないか

もしこの想像が正しければ今回のような問題が起きます。仮にそうだとしたら、なぜ、データセンター内で一度分散されたものを再び集中させたのか、という疑問がわきます。

集中型の記憶媒体を利用するメリットは

  1. 管理が簡単(うまく動けば)
  2. 各ユーザーが(今回は2万社が)同じデータにアクセスする場合管理が簡単
    → ただしレンタルサーバーの場合契約者同士が同じデータを共有することはない

です。もちろんデメリットはアクセスが集中した場合データセンター全体を巻き込む事故に繋がる点です。今回上の第2のメリットがないのですから、そもそも第1だけをもって集中型の記憶媒体を採用する意味もあまりないように思います。

集中のデータセンターが内部で一度分散したものを再度集中させる意味がどこにあるのかという話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

− 2 = 8