簡単なセキュリティ設定

インターネットには「DNS」という仕組みがあります。これは電話帳のようなもので、名前から番号を探し出す仕組みです。ここで名前はURLに含まれるホスト名(例:www.yahoo.co.jp)、番号は(一般の人は普通目にしない)IP アドレスと呼ばれているものです。

ブラウザであるサイトを見ようとすると、まずDNSにこの名前に関連付けられているIPアドレスを問い合わせます。そしてその数字で目的のサーバーにたどり着きます。ということは例えばDNSサーバーを乗っ取り、www.yahoo.co.jp という名前に対応するIPアドレスを詐欺師が用意した偽のサイトに誘導する、ということも可能です。

ですからDNSという仕組みはとても重要で、それなりの人が運営しなくてはなりません。(通常は契約をしているプロバイダのDNSを使います)

一方、少し工夫するととても便利な機能を持たせることが可能です。もし子供にアダルトサイトを見せたくない、という場合、DNS にアダルトサイトの一覧を持たせ、その一覧にあるサイトについては本来のIPアドレスではなく、まじめなサイトのIPアドレスを返すようにすればいいわけです。(例えばこのサイトのIPアドレス)

自宅のルーターの「DNS」の設定を変えるだけでこれが可能となります。詳しくはここのサイトをご覧ください。いくつかの公開されたDNSサーバーが紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

25 + = 29