測定好きかもしれない

先日科学関連記事を読んでいたらこういうこういうことが書いてありました。

摂取カロリーを減らすと睡眠時の代謝が減り、体温が有意に下がり、眠りは深くなる。結果として長生きする。
New Scientist

そこですぐに私は「目覚めた直後の体温は平均で35.1度だから・・・・」と考えました。そう、私は最近の自分の平均体温をちゃんと知っています。それだけではなく、朝晩のそれぞれを知っているのです。

体重もそうです。特にダイエットをしているわけでもなく、太りすぎているわけでもないですが、体重計に乗り数字を読むのが好きです。もちろんそれだけではないです。会社で朝一番にすることは湿度の確認です。

散歩をしているときに、はじめて渡る歩道橋があると事前に「この長さならば33歩に違いない」と事前に考え、実際に測定します。

思い起こせばノギスの使い方は小学校に上がるころには知っていました。マイクロメーターもそうです。自宅にはそれらがあり、遊び道具の一つでした。小学生になったばかりの私は既に「ミツトヨ」というブランドを知っていたほどです。

しかし物理に興味を持ったときに実験物理選択という考えはなく、さらに中学卒業以来正式な実験の授業を取ったこともありません。(注意1:高校に進学出来なかったため、高校の各種実験の経験がない。注意2:その後大学には進学したが、いろいろと工夫と努力と、人間関係を駆使し実験がある授業は一つも取らなかった。注意3:しかし図々しくも実験を教えたことはある。)

測定好きなのか、何かに取り憑かれているのか。そして今日もきっと何かを測定することでしょう。


追記 子供の頃父から「ノギスのデプス(段差測定用のしっぽ)はお父さんのお祖父さん(私の曽祖父)の発明なんだよ。でも商売はうまく行かず、売れ残りのノギスがたくさん倉庫にあったのをなんとなく覚えている。」と聞かされていました。先程Wikipediaを読んでいたらこの特許はミツトヨ(創業1934年)が取ったと書かれています。私の祖父は1898年生まれ、その親ですから多分1870年前後の生まれ。時期的にはどちらも可能性があります。しかし「新規性」は特許要件の一つです。はたして事実はどうなのでしょうか。ちなみに曽祖父はネジ切り名人だったらしく、また性格もネジのようにネジ曲がっていたと聞きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

99 − 92 =