Nextcloud Conference 2018 (3)

今回のNextcloud Conferenceの目玉はNECプラットフォームズ、Nextcloud社、そしてWaffle Computer社(テグレット)との提携に関する発表です。

NEC プラットフォームズはWaffe Cellを搭載したルーターを開発中で、その上でもNextcloudは動作します。ただ重要なのはこのルーターが「量産」され、超分散の世界が実現できる可能性があります。

役割としては

  • NEC プラットフォームズ:ハードウェア、それも世界初のルーターとサーバーが一体化されたもの
  • Waffle Computer:OSにあたるWaffle Cellの提供
  • Nextcloud:Dropbox+Skype+Office 365+アルファの提供

です。

Nextcloud 社のニュースリリースはこちらからご覧いただけます。(英文)

Nextcloud Conference 2018 (2)

さて、前回ご紹介したようにここには全世界からNextcloudの開発に携わっている技術者が集まっています。先ほどエレベーターで一緒になった技術者はベルギーから来ていました。スイスやオーストリア、地元ドイツも各地から参加しています。昨日は米国から来た私に少し似ているある意味「少しいっちゃっている」技術者とも楽しく数時間話をしました。そういえばケニヤや南アフリカからの参加者もいました。

このNextcloud Conferenceの凄いところは、経済的な理由で旅費が出せない場合はNextcloud社が費用の8割まで負担するという点です。そしてランチも無料です!

カフェテリアで食事
カフェテリアで食事

さて、前回書いたようにこの会合は以前カーリチェック氏の事務所にたむろする技術者のために開催することになったというころです。ということで当然、会場の雰囲気はたむろに近いです。

今私の隣にいるドイツ人二人はルールを破ってドイツ語で話をしていますが、公用語は英語に限られています。そしてほぼ全員、このルールを守っています。しかしほとんどは無言で、黙々と開発をしています。

昨日隣に座った技術者はすぐ前に座っていた別の技術者とチャットでコミュニケーションをとっていました。しかし一方、フランス人の技術者はよくしゃべる!彼は技術以外のことも含めて交流が目当てでここに来ているようです。ちなみに彼は非常に重要な新機能をNextcloudに実装し、土日に発表をするようです。

今回私が Nextcloud Conferenceに参加することを決めた理由は彼らがどのような理由で参加し、どのようにここでの時間を過ごすかを知りたかったからです。もちろん他にも理由はたくさんありますが・・・

次回は土曜日に発表される予定の私も関係している重大発表について書きます。

Nextcloud Conference 2018 (1)

Waffle Cell v2 でも簡単にインストールしてすぐに利用できるNextcloudは、Dropbox を凌駕する優れものです。これを使うとブラウザや専用アプリを使い様々なデータを各デバイス(PC、タブレット、スマホ)間で共有できます。さらにテレビ会議などが統合されたことで企業における情報一元管理システムとしての高い能力が証明されています。例えばドイツ連邦政府でも2018年春に採用が決まり、日本でも京都大学がこのNextcloudを全学で利用しています。

自分のデータは自分の管理下に置くという、当たり前のことができるようになるのがこのNextcloudなのです。開発者でNextcloud社のCEOでもあるフランク・カーリチェック氏は

プライバシーは民主主義の根幹である
Privacy is the foundation of democracy

という簡素な言葉でデータの自己管理の重要性を述べています。

データを自己管理することはデータを自分の責任で保管することで、これはすなわち私が取り組んでいるWaffle Cellの分散にほかなりません。2018年の春、このことをカーリチェック氏に伝えたところ、Waffle Cell v2の発表会にわざわざドイツより来日いただき、講演もしていただきました。上の写真はそのときのものです。

さて、このNextcloudはWaffle Cellのユーザーは簡単にインストールしてすぐに使えるようになるだけではありません。無料なのです。なぜ無料なのか・・・それは世界中の優秀なプログラマたちのボランティア精神があるからです。彼らはカーリチェック氏の考えに賛同し、Nextcloud の発展に貢献しています。

カーリチェック氏によれば当初これらのプログラマが彼の事務所に集うようになったのだそうです。そしてその人数がどんどんと増えてきたので、毎年夏にドイツで1週間缶詰になり、オンラインではなく面と向かって問題解決や新規機能の作業に当たっています。この伝統は前身のownCloudから続いているということです。

今年のこの集い、Nextcloud Conference 2018 はベルリンにあるベルリン工科大学・数学科で行われています。この大学は旧西ベルリン地区にあり、3万人弱の学生を抱えていて、ロケットの父、フォン・ブラウン博士や理論物理学で大きな功績を残したヴィグナー博士の出身校でもあります。ちなみにヴィグナー博士は一般にはあまり知られていませんが、評価としてはアインシュタイン博士と変わらぬ頭脳を有する一人ともいわれています。

もう一人有名な人もこの大学を卒業しています。巨大企業シーメンスの創業者のジーメンス氏がその人です。会場となった数学科の前には彼の銅像がたっています。

ジーメンス
ジーメンス

そして会場となっている建物の正面です。

ベルリン工科大学
ベルリン工科大学

そういうわけでこの集いにはアジアから唯一の参加者として私も5日間ここベルリンに滞在中です。

次回は中での様子を中心に報告します。

ファーストサーバーのZenlogic全面停止 なぜ再び集中?

2018年6月中旬から断続的に停止していたファーストサーバーのZenlogic(レンタルサーバー)ですが、7月に入り3日間以上完全にサービスが止まりました。この影響で取引先のメールが止まり、知人のサーバーを他社へ引っ越すのを手伝ったりと間接的に私も影響を受けました。

ファーストサーバー社によると本日(2018年7月11日)まにで根本的な原因はわかっていないということです。ただプレスリリースを見ると

ストレージシステム(データ記憶システム)において、 高負荷が発生し、 サービスが断続的にご利用しづらい状態が発生しました。

とあり、さらにその後も記憶媒体に高負荷がかかり・・・とあるので、問題はおそらく記憶媒体(データを収納する機器)かと思います。

ここで私は疑問に思うのです。データセンターは集中です。しかし一度データーセンターにアクセスが集中した後は、各契約者のサーバーは複数に分かれているはずで(複数社で共有することはあっても)、センター内では分散されます。ですから常識的にボトルネック(集中する場所)は回線になることが多いです。

ところが今回は記憶媒体が問題を起こし、さらにその影響がすべての契約者に及んだという点です。契約者数、2万社です。

ここからは想像です。「もしかして、データセンター内で分散された各サーバーは集中型の記憶媒体にアクセスしているのではないか

もしこの想像が正しければ今回のような問題が起きます。仮にそうだとしたら、なぜ、データセンター内で一度分散されたものを再び集中させたのか、という疑問がわきます。

集中型の記憶媒体を利用するメリットは

  1. 管理が簡単(うまく動けば)
  2. 各ユーザーが(今回は2万社が)同じデータにアクセスする場合管理が簡単
    → ただしレンタルサーバーの場合契約者同士が同じデータを共有することはない

です。もちろんデメリットはアクセスが集中した場合データセンター全体を巻き込む事故に繋がる点です。今回上の第2のメリットがないのですから、そもそも第1だけをもって集中型の記憶媒体を採用する意味もあまりないように思います。

集中のデータセンターが内部で一度分散したものを再度集中させる意味がどこにあるのかという話です。

協力殺菌・脇の下

生ごみが臭くなるのも、足が臭くなるのも、理由は同じです。雑菌です。雑菌が繁殖して悪臭を放つのです。それには条件がいくつか必要です。

  1. 適度な水分
  2. 雑菌の存在
  3. ある程度の栄養
  4. そして適度な温度

生ごみも足も上の条件を備えています。どれか一つでもかけると雑菌は増えずに匂いも抑えられます。

以前足の匂いをイソジンで消す話を書きました。実は春頃足の匂いが気になり、毎年その頃一度消毒します。足の匂いの原因となる雑菌は石鹸では落としきれないらしく、ゴシゴシと洗ってもダメです。そこでイソジンなのです。イソジンは粘膜に優しいだけでなく、強力な殺菌作用があります。今はどうかわかりませんが、日本の病院では外科を中心に広く使われていました。

※ ただし着色には注意で、これが欠点でもあります。

そこで今度は脇の下の匂いを消す実験をしました。簡単です。脱脂綿にイソジンを含ませて脇の下に塗るだけです。そしてその結果は・・・足と同様、少なくとも本人が気になるような匂いは消えました。

足と同様長続きがするかどうか、この夏、楽しみです。

2018年6月21日Waffle Cell v2 発表会

2018年、6月21日にニッポン放送本社イマジンスタジオにてWaffle Cell v2の発表会をおこないました。今回はゲストスピーカーとして

  • NECプラットフォームズ社(中山様)
  • Nextcloud社(創業者のフランク・カーリチェック様)
  • Advasa社(久保田様)
  • Skeed社(宮島様)
  • 高崎商科大学の皆様

にご講演をいただきました。

NECプラットフォームズ・中山様からは「ルーターとサーバーの一体型商品の概要」の説明がありました。実はカーリチェックさんも同じ構想を以前持っていて、ヨーロッパのルーター最大手に提案をしたことがあります。これはうまく行かなかったのですが、今回の来日はこの構想に世界で一番近いNECプラットフォームズ社の技術者と話をしたい、というのが大きな理由の一つでした。両者をつなげたのが「調整役」のWaffle Cellです。

カーリチェックさんからは彼のNextcloudについてその機能を中心に話をいただきました。Nextcloudは確実にDropboxを超えています。彼と私の夢は、各家庭に設置された小型サーバーでNextcloudを動かし、各自、各家庭、各事務所毎に分散して自分の管理下でデータを利用することです。

私もいつもの繰り返しで「分散について」話をしました。(人がいないように見えますが、上の写真は午前中に行われた記者向けの概要説明のものです

さらにWaffle Cell v2完成に向けて協力をしてくれた高崎商科大学の学生の皆さんです。ここに詳細があります。(彼らがデザインしたロゴやキャッチフレーズが紹介されています)

ドイツでフランク・カーリチェックさんと会う

2018年5月3日、弊社の技術顧問とお洒落に午前中のケーキと珈琲を板橋区上板橋で楽しんでいました。すると顧問から

どうしてWaffle Cellのキラーアプリとも言えるNextcloudに連絡しないの

言われてみればそうです。6月21日にWaffle Cell v2の正式リリースを目前に控え、最低でもコメントをもらうべきです。そこで創業者であり分散アプリの第一人者であるフランク・カーリチェックさん(Frank Karlitschek)にメールを入れました。

すると驚くことにすぐに返事がきました。そしてWaffle Cellの説明をし、メールでもそれなりに盛り上がったのです。その流れで思わず

会いに行きます。5月20日前後、(ドイツ)シュツットガルトにいますか?

そういうわけで急遽私はドイツへ旅だったのです。3時間の打ち合わせのためだけに!いいですね、こういうノリ。人生はノリだと私は思っています。

さらにお会いしてお話をするといろいろと面白いことになってきました。詳細はまだ書けませんが、6月21日の弊社イベントに参加することも決定しました。嬉しい限りです。そう、来日します。

ちなみにNextcloudは「自分で運営管理するDropBox+アルファ」です。Googleドキュメントのような機能もあります。その完成度、その思想ともに素晴らしいものです。(本家のホームページはこちら) また、Nextcloudの日本語版ページも今後充実させていきます。

フランクさんのサイン
フランクさんのサイン

プレゼン能力

わけあって有名人のプレゼンビデオを見ていました。有名どころはジョブズで、その洗練したスタイルは絶賛されています。そしてスタートアップ企業(新規に事業をはじめた会社)も資金調達をするためにジョブズをお手本としてアピールすることにエネルギーを使います。

一方スティーブ・バルマーはマイクロソフト社の共同創業者で、最近までCEOを務めた人です。彼のプレゼンはジョブズの対極です。

結局は「中身」が重要だということです。人の真似をする時点でそれはもうスタートアップとしてはよろしくない方向へ進んでいると思ってしまいます。

セキュリティ・自宅サーバー入門講習会

以下の予定で「セキュリティ・どう守るか」「面白、可笑しく 自宅サーバー入門」という講習会を二本立てで開催します。

自宅サーバー入門については教材としてWaffle Cellを利用します。

※ 今回の講習会は2018年4月にそれぞれおこなわれたセキュリティおよび自宅サーバー入門講習会を同時に楽しめるものです。

日時 2018年5月19日(土)10:15-12:30
定員 30名(先着)
費用 無料
主催後援 株式会社テグレット技術開発
ワッフルコンピュータ株式会社
会場 ちよだプラットフォームスクウェア
東京都千代田区神田錦町3‐21
地下1階 N001号室
竹橋駅(東西線)3B 徒歩2分
神保町駅 徒歩7分地図
注意 法人の参加も可能
当日、PC、Mac、またはタブレットをご持参下さい。ご持参できない場合は事前にご相談下さい。
申込 お申し込みはこちらから

予定されている内容

第一部(セキュリティに関して) 10:15〜11:15
  1.  ネット犯罪実例(1)偽サイトへの誘導
  2.  ネット犯罪実例(2)PCの乗っ取り
  3.  ネット犯罪実例(3)誘導・感染経路とその手口
  4.  データ流出をいかにして防ぐか
  5.  大手企業の取り組み
  6.  個人、中小企業でできること
第二部(自宅サーバー入門) 11:30〜12:30
  1. クラウド vs 自宅サーバー
  2. 回線やルーターの変更が必要か
  3. 自宅回線でも使える理由
  4. メリット、デメリット
  5. セキュリティは大丈夫?
  6. 汎用性があるからNASと違う
  7. 集中と分散
  8. テレビ電話
  9. シンクライアント・究極の違い
  10. 楽しいの?

教科書の思い出

今月28日に行う「面白、可笑しく 自宅サーバー入門(講習会)」の教科書が完成しました。完全オリジナルです。

そういえば教科書作成には思い出があります。今よりも少しだけ若かった頃、私はある予備校でアルバイトをはじめることになりました。その予備校は「教科書は講師が作るべし」というルールがあり、物理主任(他に物理の講師はいなかった)私は2月上旬までに新学期用の教科書を作る必要がありました。

信じられないでしょうが当時はワープロ(専用機です)を持っていなかったので、手書きで作ることになりました。ところが私は誰もが認める悪筆です。自分で書いた文章も読めないことがあるほどの悪筆です。しかし教科書を仕上げなければなりません。

母からは「他人様が思っているよりも悪筆ではない。自信を持って書きなさい。」と今思うと意味不明なことを言われました。そして史上最悪の、じっくり時間を掛けないと生徒が読めない教科書が完成しました。

そこで私は一大決心をします。パソコンの購入です。本体、ディスプレイ、プリンタ(当時としては珍しいカラー)、そしてワープロソフト「松(128,000円)」を60階分割で購入したのです。合計100万円。よく「6万円で専用ワープロが変えるのに、どうしてパソコンなの?」と聞かれたものです。(*)

毎月17,700円ずつの返済・・・・そこで思ったのです。

このPCでソフトを作って稼げばいいのだ!

そういうわけで今日の私があるのであります。

(*)なぜ専用ワープロでなかったのかは、別の機会に書きます。